小説

小説

天使の翼 悪魔の影22

地を見てみたい衝動が彼にはあった。 「まだやばいんじゃねえの?軍隊がいるだろう?偵察機ぐらい飛んでそうじゃねえ?」とカイト。 「そうだね・・そうか・・・ここもやばいんじゃ」ヨシヒロはあたりを見渡した。そして当たり前だが上も見た。暗くてわから...
小説

天使の翼 悪魔の影21

「スピードを上げていったら音が消えた。あれってそうなんだろ?」カイトは言った。 「音より早く動いたから・・ねえまさか今、音速超はしないよね?気のせいか風が多少強くなったような気がする。スピード上げた?」ヨシヒロは少し不安だ。うっかりスピード...
小説

天使の翼 悪魔の影(20)

シヒロは言った。 「へえ。まあそうだよなー俺のおふくろみたいなもんかーー」カイトは言った。彼は事ある毎に母の悪口を言う。憎くてたまらないのだ。自分を侮辱し続ける女。 「あー仲悪いもんね。でもさーお母さんに話すの?このことを。」とヨシヒロ。 ...
小説

天使の翼 悪魔の影(19)

「だから怖いよ。手のひらに乗って飛ばれてもさあ」ヨシヒロが言った。 「大丈夫だよ。落ちやしない」しばらくヨシヒロは迷ったが、カイトの手のひらに乗った。 「いいかあ?しゃがんでろよ。今飛ぶから」そう言うとカイトはゆっくりと浮上した。 「うああ...
小説

天使の翼 悪魔の影(18)

れるのだ。二人は辺りが暗くなったのでジョナサンを出た。 「なるべく広くて暗くて人がいないところがいいな」カイトは言った。 「・・・山の上の方はどう?あそこなら夜は誰もいない」とヨシヒロ。 「あーそこでもいいけど・・遠くねえ?」とカイト。 「...
小説

天使の翼 悪魔の影 17

「現在サンダルフォンの死体を回収中です。遺体を詳しく調べれば我々の対応策も出てくるでしょう。」と湯沢首相。 「しかし・・・小型とは言え核兵器を使うとは・・・思い切りましたね。」とエリザベスは言った。 「もし使わなくても、あの辺りにいた人々は...
小説

天使の翼 悪魔の影 16

「ごめん。いや・・・その・・・俺、悪魔とか言ってたじゃん。でさ、その悪魔が・・ ・・その・・」カイトは口ごもった。ニヤニヤしながらヨシヒロの顔を見つめる。 「何?」ヨシヒロは思いっきり眉間にしわを寄せ怪訝な顔をした。 「あのもう一体の怪獣さ...
小説

天使の翼、悪魔の影15(超人カイト)

「いやまあちょっとそんな気分でさ。で、メシでも食わねえ?おごるよ」とカイト。 「ほんとに?いいよー。」ヨシヒロは言った。 「んで迎えに来てよ。」 「は?」瞬間イラッとするヨシヒロ。 「いや俺歩きだからさ。国道沿いのパチンコ屋あるじゃん。その...
小説

天使の翼、悪魔の影14(超人カイト14)

えの?と言わんばかり。   雑木林を出たあたりで、やじうまに出会った。カイトは自分も、やじうまの様に辺りをキョロキョロしながら、なんとなく戻ってみたりした。 「飛んできた怪物見ましたか?」カイトの方から話しかけた。 「見たよお、んで追ってき...
小説

天使の翼、悪魔の影13(超人カイト13)

天使たちは個々人のことなど考えてはいない。ただ人類という種を存続させることしか関心はないようだ。 カイトは呆然と空中に漂っていた。 「俺・・勝ったのか・・・はああ・・こえええ・・・まじで二度と嫌だ・・」カイトはとりあえず自分の家の近くまで飛...