小説

小説

超人カイト

「!天使?悪魔かと思ってたよ・・」カイトは言った。 「・・・まあ・・いい・・・では光線はどうだ?その力なら助けてやれる・・」ミカエルは言った。 「ん・・光線・・ビームみたいなやつ?・・」とカイト。 「・・・そうだ・・・」ミカエルは答えた。 ...
小説

超人カイト9

「説明が難しいな・・・感覚だろう?それは。」当たり前のことがどうやら天使には分からないらしい。 「・・・やはり失敗なのでは?ミカエル様・・・」様子を見ていたガブリエルが言う。 「・・・まだ判断を下すのは早い・・・見るがいい・・浮いている・・...
小説

超人カイト8

河川敷にいるカイト。悪魔(ホントは天使だがカイトは悪魔と思っている)に導かれてここにいる。 「変身て、どうなるんすか?」とカイト。今では悪魔に慣れてしまっている。 「・・・受け入れればいい。それを感じるだろう?・・・」ミカエル言った。   ...
小説

超人カイト7

「?悪魔って・・どうしたの急に」ヨシヒロは少し笑った。 「ん・・・なんてか・・・俺悪魔に会っちゃったらしい・・頭に直接話しかけられた」とカイト。 ヨシヒロは本気で少し怖かった。 ・・・狂っちゃったのかな・・・ここはあまり騒がず・・・ 「どん...
小説

超人カイト6

高みの見物 カイトの部屋のテレビはキノコ雲と、そこに現れたサンダルフォンを映し出している。 「すげえ・・・」カイトは食い入るようにテレビを見ていた。 すると・・・突然・・大変な不安感が襲ってきた。いてもたってもいられない。体をじっとしている...
小説

超人カイト5

ータ。 「飛龍から報告します。上昇するサンダルフォンに合わせて発射高度まで上昇中。くりかえす、上昇するサンダルフォンに合わせて発射高度まで上昇中。」とパイロット。 「自分で判断しているのか?」湯沢首相は呟いた。パイロットは上昇したサンダルフ...
小説

超人カイト4

「ええ!・・そんなことの為ですか?」とガブリエル。 ガブリエル達の疑問は、何故こんな青年が創造主に選ばれたか、です。人間の犠牲はかなりの数に上っています。その犠牲を出してもカイトの心を成長させたいのでしょうか?選ばれた、とはいっても、天使を...
小説

超人カイト3

「そうですね。人間の言葉でニート・・に近いかと・・・」ガブリエルが答えます。 「近いではなくニートだ。あれは・・・」ああ、いい人材はなかなか見つからない・・ミカエルは人なら溜息に相当する意識を発しました。 「気に入りませんか?」ガブリエルは...
小説

超人カイト2

・・・まさかこの人・・核を使うつもりなのかな・?秘書官は内心思います。秘書官、漆原は慄然としました。そんなことをすればもっと被害が出るじゃないか・・・と。 「漆原君・・・核を使うことを危惧しているのかね?」と湯沢首相、秘書官の不安を読み取っ...
小説

超人カイト

キングギドラ?いや違う。首が7つある怪物が海の中から出現した。初めは誰にも気づかれない、しかし、それが東京湾に入るあたりで、タンカーの乗務員に目撃され、そのあとは大騒ぎだ。いろいろな分野の学者が官邸に集められた、が、答えはわかりきっていた。...